お食い初め膳

「お食い初め(おくいぞめ)」とは、赤ちゃんのお祝いの行事で、

生後100日〜120日目頃に「一生食べ物に困らないように」

という願いを込めてごちそうを食べさせるまねをする儀式のこと。


「百日祝い(ももかいわい)」「真魚初め(まなはじめ)」

「箸揃え」「箸祝い」「お箸初め」とも呼ばれています。


お食い初めは、赤ちゃんの生後100日〜120日目頃に健やかな成長を願って

お祝いの料理を与える、日本古来の伝統行事です。


無事に生後100日の節目を迎えられたことを神様に感謝し、

わが子の成長を祝うと共に、この頃に赤ちゃんの歯が生え始めることから、

「子どもが一生食べ物に困らないように」

という願いを込めてごちそうを与える儀式を行います。


もちろん、この時期の赤ちゃんはまだ固形物を食べることができませんので、

食べさせるまねだけをします。


お食い初めは、赤ちゃんにとって一生に一度の行事ですから、

思い出に残る素敵なお食い初めをしてあげたいですね。


でも多くのママにとっては初めての事、どんなお料理を用意するかもわからない

という方が多いかもしれません。


小さなお子さんを抱えての食材の準備や調理は本当に大変です。

片付けもできるだけ楽なほうがいいですよね。


そんな時はカンナキッチンにお任せください。

お料理も子育てもベテランなおかみが、

お食い初めオードブルセットをご用意いたします。

尾頭付きの立派なタイの塩焼きが付いた豪華なオードブルです。


お子様が健やかにご成長されるよう、おかみ自身が心を込めてお造りします。

見た目も綺麗、食べて美味しい!と大変好評をいただいております。




詳しくはお問合せください。




閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

いつもカンナキッチンをご利用頂きありがとうございます。 5月のランチは全てのお日にちが満席となりました。 ありがとうございます。

!
Widget Didn’t Load
Check your internet and refresh this page.
If that doesn’t work, contact us.